ライティング強化編:書く習慣を続けよう

 「グローバル化」が進む現在において、日本にいながらにしても、英語での発信力はますます求められるようになりました。特に、Eメールの普及になどにより、英語を「書く」機会はますます増えています。英語を書くと言ってもその内容はさまざまです。ある事象を相手にわかりやすく説明する場合もあるでしょう。また、自分の意見を的確に述べる必要もでてきます。こうした、英語で「書く」能力を総合的に学ぶことができ、そして現在の自分のレベルを測定することができるのがTOEICのライティングテストです。

 

 

 

 TOEICのライティングテストでは、3種類の問題が出題されます。1つ目は写真描写問題です。与えられた2つの語句を使用して写真の内容に合う文を作成します。比較的短い文章になるため、文法や語句が正しく使用されているかが問われる大事なポイントです。

 

 

 

 2つ目は、Eメール作成問題です。画面上に表示されたEメールへ返信する文章を、与えられた指示に従い作成します。ここではただ書くだけでなく、返信先にふさわしい言葉遣いであるかも問われるため、日頃からフォーマルなメールで使われる表現を覚えておくと役に立ちます。

 

 

 

 そして3つ目が、意見を記述する問題です。提示されたテーマについて、300語以上で自分の意見を述べます。

 

 

 

初めに自分の言葉でテーマを要約し、そのあと自分の意見、そしてなぜそう思うのかその理由というようにエッセイの型にあてはめれば書きやすいでしょう。ここでは論理的な文章になっているかが大切になります。