これだけは覚えておきたいTOIECの基礎知識:TOEICスコアとレベル

TOEICは990満点ということは、これから受験をしようとする人、もしくは受験経験がある人はご存知だと思います。その満点のうち、何点をとれたかによって、アルファベットによる5つのレベルが儲けられています。

 

 

 

まず、Eですが、220点以下のスコアを指します。次いで、Dが470点以下のスコアとなります。このあたりの点数だと、自分が英語が得意でないことを証明するためのランク付けといえるので積極的にそのレベルを開示する必要はないでしょう。
次いで、Cになると470点以上、730点以下となります。分類上は日常生活のニーズに対応できる相当とのことですが、かなり点数の幅が広く、同じCランクといってもスキルには差がでることになります。600点以上の点数を持っていて、それを履歴書に書くのであれば、点数を直接記載したほうが印象は良いでしょう。

 

 

 

英会話ならイーオン岡崎校

 

次いでBは、730〜860点と、ハイスコアになります。このあたりの点数になると業務での英語をこなす力がある人になってきますから、就職試験等でも十分に武器となといえることでしょう。その上のAについては、860〜990点というスコアです。このあたりの点数を取れるのであれば、日常生活、業務についても英語に関して困ることはほとんどないでしょう。

 

 

 

さて、就職等でTOEICのスコアの観点から、自分の英語力をアピールしたいのであれば、Bレベル以上を狙いたいところです。これから始める方は目標を高く設定して頑張っていきましょう。