これだけは覚えておきたいTOIECの基礎知識:必要単語数

TOEICに必要な単語数は、目指す点数によって異なりますが、だいたいビジネスで求められるのは600点から、実際に商談や取引を行うのであれば、700点以上は必要かと思います。

 

 

 

一般的にTOEICで600点を獲得するには5,000語、700点で8,000語前後、850点以上で10,000語以上と言われます。我々が中高の英語学習で学ぶ単語数がおよそ2,000語?3,000語ですので、それに加えてボキャブラリーを増やして行く必要があります。

 

 

 

単に単語数と言っても、やはり無作為に「英語を使う上であまり使わない単語」を学んでも役に立ちません。様々な出版社から「必須英単語」などといった単語帳が販売されているので、ぜひ活用して欲しいと思います。

 

名古屋で英会話教室をお探しならカイズ外語学院

 

まずはこれらの単語帳を一冊モノにすること。他の本に目移りをして、最終的にあっちつかずこっちつかずでは元も子もありません。じっくり一冊をマスターしてから、さらに単語数が多そうな本、もしくは実際の経済新聞や雑誌の記事から、新しい単語をピックアップしていく練習をしましょう。

 

 

 

TOEICの問題には最新の時事問題や経済問題が、読解問題として用いられることが多いため、自分の単語力がついてきたと思ったら、実際のメディアから生きた英単語を学ぶのは非常に重要です。意外と最近使われ出したけれど、いまや誰もが使っている、というような単語がままあります。

 

 

 

最初は英単語帳をこなすのが苦難かもしれませんが、徐々に文章が読めるようになって来ると、次第に弾みがついて来ます。TOEIC英語学習の醍醐味ですね。