最初の試験は高得点にこだわらない

なんともなしにTOEICをうけ、あまりに低い点数にショックをうけたという人も多いでしょう。しかし、そんなに悩むことはありません。少しTOEICの対策をすれば少なくとも、ショックをうけたときの点数よりは格段に上がります。

 

最初のTOEICの点数が低いのは別にたいしたことではありません。まずは受けてみて自分がどの程度の能力なのかを計りましょう。そこから試験の傾向や自分の苦手なポイントを分析して次にいかしてみましょう。

 

最初にいい点がとれないことよりも、その後のTOEICの対策がずれている事の方が問題です。勉強方法が間違っていると例え英語がうまくなってもTOEICの点数が伸び悩むことがあります。

 

一度もTOEICをうけたことがなく、準備も完全にして高得点をとれる自信ができてから受けようと思っている人はとりあえず受けてみましょう。自分が今の状態でどれだけの得点を取れるか分からなければ勉強時間や、弱点克服といったことも難しくなります。

 

バロメーターは大事ですから、そういったものをまず作ってそれを参考にして対策を考えていきましょう。またあまりに点数が低くてもうやめてしまおうという人も、ネットなどでTOEICに挑戦した人の意見を聞きましょう。

 

きっと最初はあまりいい得点をとれなかったと書いている人の意見が見つかるはずです。結局試験対策が大きな位置を占めますから、正しい準備をして人並みの努力さえすればある程度の点数をとれますし、更に弱点を克服していくことができます。