パターンを見つけるのが効率的

音読を長くやり過ぎるというのも問題です。これを繰り返すこと自体は悪くありません。昔の試験ではこの音読を繰り返せばかなりの高得点を狙えたと言います。しかしTOEICの試験は難しくなり出題傾向も変わってきています。

 

問題をよく解くくせをつけていた方がいいでしょう。しかし、参考書や問題集を適当に変えるのはおすすめしません。問題を解くこと自体はいいのですが、復習をしましょう。問題を多く解いてきたのになんでと感じている人は、これまで解いてきた問題を復習してみましょう。肝心なのは新しい問題とこれまでにやった問題の復習の比率だと思います。

 

それを変えてみれば伸び悩んでいるという状況も打破できるかもしれません。自分がどういった問題に弱いのか、それを考えて苦手なポイントを復習するための時間をつくってください。なにも考えず闇雲に問題をといていくよりはよほど効果的でしょう。

 

問題の文章を読んでいるときに重要なポイントを探すくせをつけましょう。単語や文章の作り方、そういったものにパターンを見つけられるようになれば高い点数を取れるようになります。

 

これは何度も問題を解いて経験値をため、その経験をもとによくあるパターンを割り出していきます。問題を解いた量と、それを解いているときに分析した量の二つが必要です。また瞬時にそういったパターンがわからなくても、なんとか解いた後でパターンを見つけようと時間をかけて考えてみることも必要です。パターンが見つけられるようになれば結果は簡単についてきます。