基本が大事!基礎単語力強化!:イディオム基本編

TOEICのリスニング問題では、難しい問題がたくさんでることはありません。あくまでも基礎力が大切です。まずは単語力が大切です。そして、次に大切になるのがイディオムをどれだけ知っているかということになります。イディオムは知っていなければ、意味を推測することができないことが多いので、ある意味では単語以上に大切なものとなります。

 

 

 

イディオムを構成している単語自体は、難しくない単語で構成されている場合が多いです。すでに知っている単語の組合せを覚えるだけですから、覚えるのはそれほど大変ではないと思います。また、単語の組合せをたくさん知ることで、その単語自体のイメージもより鮮明と分かってきますから、単語の組合せを覚えることは単語の理解を深めるきっかけにもなります。

 

 

 

ただし、リスニング問題を解くには、ただ知っているだけでは不十分です。正しい音を覚えていて、ネイティブスピーカーの話すスピードについていけなければなりません。そのためには音読やシャドーイングなどをたくさん練習した上で、何度も聞くことが大切です。こうすることで、ネイティブスピーカーの話す英語を理解することができるようになり、TOEICでもおのずと高得点が取れるようになっていきます。

 

 

 

まずはTOEIC対策の問題集を確認して、理解できない文章がないかを確認しましょう。語彙力や文法力の不足であれば、それを補います。その上で音読などを繰返して聞き取れるようにすることが有効的なTOEICリスニング問題対策となります。