ライティング強化編:目的に沿った知識を習得しよう

TOEICの試験を受ける時に求められる力は、ただリスニングができるだけではなく、ライティングもきちんと学んでいて自分が感じていることをきちんと文にすることができるという力です。

 

 

 

TOEICに向けて勉強をしている人の多くが、リスニングの力は数を重ねるごとに付けてくるのですが、ライティングもリスニングと同じくらいにスラスラとできる人はかなり少ないです。ライティングを学んで自分の力として身に付けるためには、TOEICの過去問をひたすら解くだけではなく、英文を読むときのスピードを少しでも早くするために長文を速読したり、文法の復習をしたりすることが必要になってきます。

 

 

 

また、ライティングを強化することで、TOEICで出題されるあらゆる形式の問題にも堂々と挑戦することができ、実際に外国に行った時にも使えるような英語を最終的には自分自身で学ぶことができます。

 

 

 

そして、TOEICの試験を受ける理由が、ある程度の点数を取れば履歴書に書くことができるからというものであれば、その先のことを考えて英語を学ぶ人は少なくなりますが、海外で将来的には働きたいと思っている人は知識を身に付けた後は自分の気持ちを相手に的確に伝えるための英会話を学ぶ必要があるので自然と一つの分野に偏ることなくバランスよく英語の勉強をすることができます。

 

 

 

ライティングの強化をどれだけするかによって、同じ点数でもその後の差は出てくるので、しっかりと学ぶ姿勢が大切です。